【アーカイブ動画】ソサイエティ5.0時代のAI基本講座 IT知らなくて良い、AI知れば良い講座 -脳は効率でも自動化でもなく理解し考える事では?-

講座概要

カテゴリ:AI・シンギュラリティ
配信形式:ネットライブ
講義数:全1回
受講料:2,500円(税込)
募集人数:100名
募集締切日:

1

講義名 ソサイエティ5.0時代のAI基本講座 IT知らなくて良い、AI知れば良い講座 -脳は効率でも自動化でもなく理解し考える事では?-
開催日 2019年07月09日(火)
時間 20:00 〜 21:00
講義内容 大阪トラック」と名付けた、データの自由な流通や電子商取引(EC)に関するルール作り開始
IFRSに基づく資金調達及び投資を言語によるAI分析によりフィンテックをより最適化システム
新しい資金調達の理解に必要な資質 ‐ 能力を育てるための工夫
常に新しい技術で何ができるか考える工夫
常に新しい資金調達で何ができるか考える工夫
AIの決め手は価格調査(システムも共有化AI時代)
(政府は共有型監督が中心となり経済的利権を縮小)
人工知能、アルゴリズムとは、フィンテック革命
有価証券通知書(有価証券報告書、適時開示、内部統制管理の準備)
マイナンバー対策
企業はDUNS 個人はVISA リスクスコアチェック デューデリジェンス
あらゆるコードを使いこなす
DATA Catalog
オープンデータに必要な基本コード等を一覧
企業/プラットフォームデータベース
中国政府が認定した4つのAIプラットフォーム

増田 聡 ますだ さとし

情報技術総合研究所所長。
東京証券取引所、東証コンピュータシステム顧問も務めたほか、丸石ホールディングス(株)代表取締役、(株)イチヤ取締役技術顧問など、複数の上場企業で代表取締役、取締役に就任してきた。国際会計事務所ネットワークBAKERTILLYJAPAN CONSULTING(株)代表取締役社長に就任。国連、ダン&ブラッドストリートによるUNSPSCの立ち上げにも参加、東京商工リサーチ監修『バーコード大革命』を出版、国連ニューヨーク本部公式契約プロジェクト国連図書コードUNBIS日本語電子化代表にも就任し、『国連情報検索用語辞典』も出版。また長唄三味線師としても活躍し、幼少期から歌舞伎座の舞台で演奏をしてきた。財団法人オペラアーツ振興財団の理事も務めている。

カテゴリー:
AI・シンギュラリティ 
専門分野 :
データサイエンス、AI.IOT.スパコン 
所属   :
一般社団法人 日本情報技術協会 
URL   :
http://www.itri.or.jp 
関連講座